【初学者必見】簿記3級の独学を始めるのに必要なもの5選!

簿記3級、独学、必要なもの1

この記事では、簿記3級の独学で必要なものを解説します。

簿記3級を独学するのに、できるだけお金をかけず、必要最低限の勉強道具を揃えたいですよね。

そこでこの記事では、「せっかく買ったのに、結局使わなかった・・・」なんてもったいないことにならないように、簿記3級の独学で最低限必要なものを5つご紹介します。

この記事を最後までご覧いただければ、今から簿記3級の独学に必要なものを揃えていただけますよ。

簿記3級で必要なもの一覧

簿記3級で必要なものを一覧でご紹介します。今後、この順番で詳細をお伝えしていきますので、必要な部分を読んでみてください。

必要なもの一覧
  1. テキスト
  2. 過去問
  3. 個別問題集
  4. 筆記用具
  5. 電卓

各章で、おすすめの勉強道具もご紹介していきます!

簿記3級の独学で必要なもの①テキスト

簿記3級の独学をするのに、まず購入していただきたいのがテキストです。簿記3級のテキストはたくさん出版されているので、大型書店に出向いて、1つずつ手に取って見てみると良いでしょう。

もし、「本を読むのが苦手・・・」という方は、副教材として動画教材がおすすめです。Udemyという動画コンテンツサイトで簿記3級教材を購入することができますし、YouTubeでも解説動画があります。

MEMO
『動画を見る→テキストを読む→小テストを解く→動画を見る・・・』という流れで勉強するのがおすすめです。

キノ

ちなみに私は、「パブロフ流でみんな合格 日商簿記3級」と動画教材Udemyの「ビジュアル簿記3級」で勉強をして簿記3級に合格しました。

パブロフ簿記は、最近のネット試験をPC上で体験できるネット模擬試験が特典でついています!

注意
22年度から範囲の改定が行われたので、必ず最新版を購入するようにしてください。

簿記3級の独学で必要なもの②過去問

簿記の試験を受けるなら、必ず過去問を購入するようにしてください。過去問を勉強することで、簿記3級がどのような形式でどのような問題が出題されるのかを分析することができます。

過去問を選ぶ際は書店で手に取ってみて、解説がわかりやすいと感じたものを購入すると良いでしょう。

また、今はネット試験が主流になりつつあるので、ネット試験対応の過去問を購入しましょう。

この記事を読んでいる方の中には、「過去問と予想問題どちらがいいの?」って思う方もいるかと思いますが、基本的には過去問だけで十分ですよ。

キノ

私は、TAC出版の過去問を購入したことがあり、個人的にはわかりやすかったです!
注意
22年度から範囲の改定が行われたので、必ず最新版を購入するようにしてください。

簿記3級の独学で必要なもの③個別問題集

簿記3級の独学では、個別問題集があると勉強が捗ります。(各論点ごとに本番の試験さながらの問題が載っている問題集のことです。)

個別問題集は、下記のステップのように、「テキストの勉強→個別問題集→過去問」の順番で勉強すると良いでしょう。

STEP.1
テキストを読む

テキストを読んだら、テキストに記載されている問題を解きましょう。

STEP.2
個別問題集

テキストを1回読み切ったら、個別問題集を解きましょう。

テキストを読んだくらいでは、個別問題集はほとんど解くことはできないでしょう。なので、最初はすべての問題で問題文を読み、3分ほど考えてから解答を読んで問題の解き方を理解します。

解答を読んだら、同じ問題を自力で解いてみましょう。

STEP.3
過去問を解く

個別問題集を一通り終わらせたら、過去問を何度も解きましょう。最初の2〜3回分は答えを見ながら行い、問題の解き方がわかって来たら、自力で解いてみましょう。

キノ

テキストと問題集は統一した方が良いです。パブロフ簿記のテキストを購入する方は、パブロフ簿記3級の問題集もセットで購入するのがおすすめです!
注意
22年度から範囲の改定が行われたので、必ず最新版を購入するようにしてください。

簿記3級の独学で必要なもの④筆記用具

当たり前かもしれませんが、簿記3級の独学には筆記が必要です。

用意するものは、『シャーペン・消しゴム・ボールペン・赤ペン』の4つを用意しましょう。

MEMO
紙ベースのテキストを使っている方は、テキストに書き込みをする用に蛍光ペンがあると便利です。3〜4色ほど購入すると良いでしょう。

iPadなどで電子テキストで勉強する方も、過去問用に『シャーペン・消しゴム・ボールペン・赤ペン』は揃えておきましょう。

キノ

私がいつも使っているおすすめのシャーペンを載せておきます!私が使っている限りでは、一度も芯折れはありませんし、書くたびに芯が回転してくれるので書きやすいです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【三菱uni】クルトガ シャープペンシル アドバンス(芯径0.3mm/0.5mm/0.7mm)
価格:451円(税込、送料別) (2022/9/5時点)

楽天で購入

 

簿記3級の独学で必要なもの⑤電卓

簿記の勉強をするうえで必ず必要になってくるのが電卓です。3級だけ取得する方であれば、1,000円前後の安い電卓でも問題ありませんが、2級以上を目指す方は簿記の学習に適した電卓を購入することをおすすめします。

簿記試験では電卓の機能に制限があるので、どんな電卓でも良いというわけではありません。下記に、簿記試験に持ち込める電卓について引用します。

計算器具(そろばん、電卓。どちらかを1つ)を使用しても構いません。ただし、電卓は、計算機能(四則演算)のみのものに限り、例えば、以下の機能があるものは持ち込みできません。
・印刷(出力)機能
・メロディー(音の出る)機能
・プログラム機能(例:関数電卓等の多機能な電卓、売価計算・原価計算等の公式の記憶機能がある電卓)
・辞書機能(文字入力を含む)
(注)ただし、次のような機能は、プログラム機能に該当しないものとして、試験会場での使用を可とします。日数計算、時間計算、換算、税計算、検算 (音の出ないものに限る)

引用先:https://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/class3/exam

電卓には、「右手打ち用」「左手打ち用」があります。下記に私が実際に使ったことがある電卓を載せておきます。(左手打ち用は使ったことがありません。)

▼安くて使いやすい電卓(簿記3級試験を受けた際に使用しました)

▼右手打ち用電卓(簿記2級試験を受けた際に使用しました)

▼左手打ち用(使用経験はありません)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カシオ|CASIO 卓上電卓 JS-200W-N [12桁][JS200WN]
価格:4709円(税込、送料別) (2022/9/5時点)

楽天で購入

 

MEMO
電卓を選ぶ際のポイントは下記の通りです。上記にあげた電卓以外のものを購入したいという方は参考にしてください。

  • 表示が12桁
  • サイズが大きい(小さいと打ちづらい)
  • 「00」ボタンがある
  • 「1桁戻る」ボタンがある
  • 関数がない電卓(税込税抜などは問題ない)
  • 静音機能があると尚良い(安い電卓には基本ついていないと思います)

実はお得な通信教材!テキスト・問題集込みで3,980円!

ここまでの章で、簿記3級の独学に必要なものをご紹介してきました。自分でテキストや問題集を選ぶのは「結構大変だな・・・」と思った方は、通信教材もおすすめです。

特におすすめなのがスタディングという通信教材で、『テキスト・動画教材・練習問題』がついて『一括 3,850円』と大変リーズナブルです。

キノ

独学用でテキスト・問題集を揃えるのと、スタディングの料金を比較してみました!
独学とスタディングの比較
  • 独学(動画教材なし)
    _テキスト 1,430円(パブロフ)
    _問題集 1,650円(パブロフ)
    _YouTubeの簿記3級講座 0円
    合計3,080円
  • 独学(動画教材あり)
    _テキスト 1,430円(パブロフ)
    _問題集 1,650円(パブロフ)
    _Udemy動画教材 1,500円(セール適用時のおおよその金額)
    合計4,580円
  • スタディング簿記3級
    _WEBテキスト
    _動画教材
    _スマート問題集
    _実力UPテスト
    _検定対策模試
    合計3,850円(一括払い)

※過去問、筆記用具、電卓を除く金額
※スタディングは2022年1月時点の情報

このように、簿記3級を独学で勉強するのであれば、市販の「テキスト・問題集・動画教材」を購入するよりも、リーズナブルな金額で教材の内容も充実しているスタディングの簿記3級講座がおすすめです。

特に、「3級の次は2級の取得も目指している!」という方は、「簿記3級・2級セットコース」もおすすめですよ!

キノ

2級の紹介ですが、スタディング簿記の特徴を、「【利用者の評判あり】スタディング簿記2級講座の特徴・口コミ・他社比較まとめ」の記事でご紹介しています!

簿記3級の独学で必要なもの:まとめ

この記事では、簿記3級の独学に必要なものを5つご紹介しました。簿記3級は人気資格のため、テキスト・過去問の種類が豊富で、どれを購入すれば良いのか迷ってしまうと思います。

人それぞれ相性があると思いますので、書店に行き手に取って比較してみると、勉強しやすいテキストが見つかると思います。

「テキストや問題集を統一したい」書店に出向いてテキストを選ぶのが面倒」「簿記2級の取得も目標にしている」という方は、通信教材を購入してしまうのがおすすめです。

スタディングなら、料金もお手頃で独学で教材を揃えるのと大差がありませんので検討してみてはいかがでしょうか。



キノ

簿記の勉強は、「マインドマップを使った勉強方法」がおすすめですので、参考にしてみてくださいね。