当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【簿記3級】おすすめの通信講座5つ紹介!【初心者から経験者まで】

今回は簿記3級取得に向けて勉強しようと考えているあなたに、おすすめの通信講座を5つ紹介します。

簿記3級は人気資格なので、様々なスクールが通信講座を提供しています。

初めて簿記を学ぶ方からすると、どのスクールを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、簿記の通信講座を利用したことがある筆者が、「簿記3級初心者向け」のおすすめの通信講座を5つと「簿記経験者向け」のおすすめ通信講座を3つご紹介します。

通信講座の料金と特徴を紹介し、最もおすすめする通信講座もお伝えします。

通信講座選びはとても重要ですので、ぜひ最後まで読んで、通信講座を選ぶ際の参考にしてください!

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

簿記3級の通信講座を選ぶときに比較したい3要素

おすすめの通信講座紹介に入る前に、選ぶときに重視したい「3つの要素」を紹介します。

人それぞれ重視するポイントが異なります。

複数の要素を見比べることで、あなたに適した通信講座を見極めることができるようになります。

通信講座を選ぶときに比較したい3要素
  • 料金
  • 教材内容
  • サポート体制
教材内容の良し悪しの定義

この記事でお伝えする教材内容の良し悪しの定義は、下記のように行いました。

  • 気軽に勉強できるか?
  • スマホで勉強できるか?
  • テキストの内容がわかりやすいか?
  • 動画教材はあるか?
  • 動画教材の映像&音声はクリアか?
サポート体制の基準

サポート体制は、「講師に直接質問できるか?」を基準で考えました。

  • 質問できない<メール<チャット(掲示板)<電話

「なるべく安く抑えたい人」なら料金重視、「勉強効率が大事」なら教材内容重視、「丁寧に教えて欲しい人」ならサポート体制重視。

「何を重視するのか」をあらかじめ決めておくと、とても選びやすいでしょう。

次の項目から、簿記3級初心者向けのおすすめの通信講座を5つ紹介していきます!

【簿記3級】独学者におすすめの通信講座5選!

この章では、これから簿記3級の勉強をスタートする初心者の方におすすめの通信講座を5つご紹介します。

簿記3級の勉強におすすめの通信講座①スタディング

最初に紹介するのは、30種の講座ラインナップがある「スタディング」です。

スタディングの特徴
  • 受講料:3,850円
  • 特徴①:業界最安値の受講料金
  • 特徴②:スキマ時間を使って勉強しやすい
  • 特徴③:スマホを使った勉強に強い
  • 特徴④:問題集が充実している
  • 特徴⑤:合格お祝い制度あり

スタディングで特に注目したいポイントが、「とにかく料金が安い」「スマホでの勉強が充実している」の2つです。

キノ

スマホでの勉強に特化しているので、テキストや電卓を広げられない通勤電車の中でもスマホ1つで勉強できるのが便利でした!

スタディングの専用アプリで、動画講義が視聴できるのはもちろんのこと、多彩な機能を使うことができます。

充実したデジタルコンテンツ
  • デジタルテキスト
  • スマート問題集
  • 仕訳トレーニング
  • 検定対策模試
  • AI実力スコア
  • AI問題復習
  • 学習フロー
  • 学習レポート
  • 勉強仲間機能
  • マイノート機能

マルチデバイス対応なので、iPadやパソコンなどを使用して勉強することもできます。

キノ

iPadを持っていれば、ほぼ紙いらずで勉強できるのが感動できでした!

ただ価格が安い代わりにサポート体制は薄く、コストカットのために紙媒体のテキストもありません。

「Q&Aチケット(1,100円/枚)」を購入しないと講師に質問ができません。

なので、

 

わからない問題は自分で調べずに秒で教えて欲しい!」

 

という方は向いていないです。

逆に、

  • 気を使ってしまい、あまり質問できないかも・・・
  • 質問するのが億劫だ・・・
  • 質問する前に自分で調べて解決したい・・・

このような自分と同じタイプの方には、スタディングはとても向いていると思います。

スタディングは、独学とは比較にならないくらい教材が充実していますし、いざとなれば「1,100円/回」で講師に質問もできるので、独学よりも充実した簿記勉強ライフを過ごせます!

※クリックしても購入にはなりませんのでご注意ください!

簿記3級の勉強におすすめの通信講座②ネットスクール

2番目に紹介するのは「簿記・会計関係の資格試験」を中心にテキスト・通信講座を提供している「ネットスクール」です。

スタディングの特徴
  • 受講料:3,400〜11,000円
  • 特徴①:標準コースと速修コースの2つから選べる
  • 特徴②:教材込・教材別から選択できる
  • 特徴③:スマホで講義を受講できる
  • 特徴④:解き方講義がある
  • 特徴⑤:毎月開催の勉強会がある

スタディングの次に料金が安いのがネットスクールです。

ネットスクールには、下記の2つからあなた好みのコースを選択できます。

  • 日商簿記3級ネット試験(CBT方式)速修コース
  • 日商簿記3級 統一試験/ネット試験対応標準コース

スマホを使って動画で学習することができるので、スキマ時間を使って効率良く勉強を進められます。

個人的なネットスクールの注目ポイントは、解き方講義です。

解き方講義では、過去問を利用した効率の良い問題の解法テクニックを学べます。

キノ

通常、テキストにはお手本のような問題の解き方しか載っていません。効率の良い解き方は通信講座を受講する最大の強みです。

独学で教科書通りの解き方しか知らない人と比較して、かなり有利に試験に挑むことができるでしょう。

スタディングより料金は高いですが、「学び舎」というツールを使って講師に質問ができます。

わからない問題を講師に質問して腹落ちさせることで、簿記2級、1級と上位資格を目指す時の土台を作ることができますよ。

キノ

ネットスクールはYouTubeチャンネルがあるのですが、自分が建設業経理士2級の勉強をしているときに参考にさせてもらいました!

とてもわかりやすい解説で好印象でした

※クリックしても購入にはなりませんのでご注意ください!

簿記3級の勉強におすすめの通信講座③クレアール

続けて紹介するのは「非常識合格法」という、独自の学習方法を確立した通信講座「クレアール」です。

クレアールの特徴
  • 受講料:16,000円
  • 特徴①:質問の回数制限なし
  • 特徴②:1年間の受講保証がある
  • 特徴③:頻繁に割引を行っている
  • 特徴④:問題集が充実している
  • 特徴⑤:3級公開模試がある

電話・Skype・メールで質問が無制限に行えるのが最大の強みです。

キノ

特に、電話で質問できるのが良くて、文章だと伝わりにくいことも電話なら伝えやすくなります!

また教材内容がシンプルな方なので、スキマ時間は講義動画をみて学習したり、仕訳アプリを別途購入したりして工夫する必要があるでしょう。

クレアールは「教材内容は最低限でいいけど、サポートはしっかり欲しい人」におすすめの通信講座と言えます。

簿記3級の勉強におすすめの通信講座④資格の大原

4つ目に紹介する通信講座は「資格の大原」。1957年に創立された「大原簿記学校」をルーツに持つ、長い歴史を誇る学園グループです。

資格の大原の特徴
  • 受講料:24,500〜31,500円
  • 特徴①:学習スタイルの選択肢が豊富
  • 特徴②:歴史の長さを活かした高品質教材
  • 特徴③:通学コースがある
  • 特徴④:WEB問題集がある
  • 特徴⑤:サポートする万全のフォロー制度

大原の特徴は、なんといっても「学習スタイルの選択肢が豊富」であることです。

簿記3級を学ぶコースだけに絞っても9つも学習スタイルがあり、Web通信にしたり実際の教室に通学したりと、好きなスタイルで勉強ができます。

特におすすめなのが、「3級合格コース 教室通学」コースです。

キノ

もはや通信講座ではないのですが、通える範囲に大原があるならかなり良い選択肢だと思います!

料金は、一般価格:29,800円(税込)と他のスクールよりも高額ですが、正直、30,000円弱で直接講師の講義を受講できるのはすごいと思いました。

リアルタイムの講義をオフラインで受講できるのはとてつもないメリットですので、

 

「多少お金はかかっても安心して勉強できる講座が良い!」

 

という人にはおすすめです。

※クリックしても購入にはなりませんのでご注意ください!

簿記3級の勉強におすすめの通信講座⑤ユーキャン

5つ目に紹介するのは、数多くの通信講座を提供している大手通信講座サービスのユーキャンです。

ユーキャンの特徴
  • 受講料:34,000円
  • 特徴①:学習開始月に合わせたスケジュールが組める
  • 特徴②:添削・質問などサポート体制が充実
  • 特徴③:スマホを使った勉強サポート
  • 特徴④:WEB学習ツール「合格デジタルサポート」に対応
  • 特徴⑤:動画講義にも対応した

ユーキャンの簿記3級講座では、スタディングの次にスマホでの勉強が充実する教材内容です。

以前はテキストメインの教材でしたが、最近では教材の内容がリニューアルされました。

紙のテキストはもちんろんのこと、「合格デジタルサポート」でスケジュール管理・動画講義、webで一問一答集が読めたりなど、教材がとても充実しています。

また、サポート面は変わらず4回までの添削、1日に3問まで質問をすることができます。

通学はしたくないけど、教材内容とサポート面を重要視している方におすすめの通信講座と言えます。

簿記3級『初心者向け』各通信講座を徹底比較!

ここまで5つの通信講座を紹介してきました。

本章では5つの通信講座を「料金・教材内容・サポート体制」の3要素で徹底比較します!

料金

1位:スタディング…3,850円
2位:ネットスクール…約3,400〜11,000円
3位:クレアール…16,000円
4位:資格の大原…24,500〜31,500円
5位:ユーキャン…34,000円

※ネットスクールは教材別の料金が3,400円です。教材込みの場合はスタディングの方が安いです。

教材内容

1位:スタディング
2位:ユーキャン
3位:ネットスクール
3位:資格の大原
5位:クレアール

※スキマ時間を有効活用できる教材かどうかを基準にしました。

サポート体制

1位:資格の大原
2位:クレアール
3位:ネットスクール
4位:ユーキャン
5位:スタディング

※講師に質問しやすいかどうかを基準にしました。

※順位付は筆者の主観です。

キノ

各スクールの平均点を算出しました。
平均点
  • スタディング:3.7点
  • ネットスクール:3.3点
  • 資格の大原:3.3点
  • クレアール:2.7点
  • ユーキャン:2.3点

※1位5点、2位4点・・・5位1点としています。

個人的に一番おすすめしたい通信講座は、「スタディング」です。

料金が安くスマホでの勉強も充実した教材内容なので、簿記3級の勉強をするならスタディングを選んでおけば問題ないでしょう。

ただ、講師に質問するには、別途「Q&Aチケット(1,100円)」を購入する必要があるため、他の通信講座よりも独学に近い形で勉強する必要があります。

  • 気を使ってしまい、あまり質問できないかも・・・
  • 質問するのが億劫だ・・・
  • 質問する前に自分で調べて解決したい・・・

という方は、スタディング一択で大丈夫でしょう。

とはいえ、料金で次点のネットスクールよりも7,000円ほど安いので、

 

「5回も質問できれば十分!」

 

という方だったら、スタディングで良いと思います。

※クリックしても購入にはなりませんのでご注意ください!

 

もし、

 

「多少料金が上がっても講師に質問できる環境が欲しい!」

 

という方は、ネットスクールがおすすめです!

料金、教材内容、サポート体制のバランスが良く、簿記3級を学習する環境として申し分ないです。

※クリックしても購入にはなりませんのでご注意ください!

【簿記3級】勉強中の人&再開する人におすすめの通信講座3選!

簿記3級を既に勉強中の方や、以前簿記3級の勉強をしていたけど最近再開した方におすすめの通信講座を3つご紹介します。

 

「既に簿記3級を独学しているなら、通信講座を受講するのもったいないんじゃない?」

 

と思う方もいるでしょう。

キノ

確かに、独学だけで合格できる方からしたら無駄な費用だと言えます。

しかし、下記の項目に1つでも当てはまる方は、再度通信講座の利用を検討するのも良い選択肢だと思います。

通信講座がおすすめな方
  • 簿記3級の独学に限界を感じている
  • 簿記2級まで取りたいけど簿記3級で難しいと感じている
  • 簿記3級の試験に落ちてしまった
  • 勉強が思うように進まない
  • 簿記3級の資格を1日でも早く取りたい

下記にご紹介するスクールは、簿記3級の独学から通信講座に切り替えても損をしないスクールと言う基準で選びました!

簿記3級の勉強におすすめの通信講座①スタディング

最初に紹介するのは、業界最安値の通信講座を展開する「スタディング」です。

なぜ、スタディングが既に簿記3級の勉強をしている人におすすめの通信講座かと言うと、「料金が安いから」です。

キノ

下記の記事で、スタディング簿記2級の口コミなどを詳しく紹介していますので参考にしてください。

既に簿記3級の勉強をしている人は、ご自身でテキストや問題集を購入していると思います。

通信講座にも教材一式が付属しているので、ご自身で購入した教材が無駄になると感じるでしょう。

しかし、スタディングの料金は「3,850円」と言う破格な料金設定です。

独学から通信講座に切り替えたとしても、金額的なデメリットはそこまで高くありません。

ただし、スタディングは料金が安いことが売りの通信講座なので、簿記3級に限っては「Q&Aチケット(1枚1,100円)」を購入しないと質問ができないデメリットがあります。

しかし、

 

「講師に質問するのに勇気が必要だ・・・」

 

という控えめな方には、是非ともおすすめしたい通信講座です!

 

もう一つ、独学から通信講座に切り替える方におすすめしたいポイントがあります。

それが、単体で申し込むよりもお得な「簿記3級・2級セットコース」があることです。

簿記3級を勉強している方の多くが、簿記2級まで取得したいと考えていると思います。

キノ

世間では、簿記2級を持っていないと転職やキャリアアップで評価されないという声も多いです。

簿記2級まで取得するなら、なるべく早く取得した方が絶対に良いです。

なので、最短で簿記2級まで取得するには、簿記3級独学で時間を使うよりも、「簿記3級・2級セットコース」に切り替えて勉強をした方がメリットが大きいでしょう。

「簿記3級・2級セットコース」には、「Q&Aチケット」が最初から10枚付属しているので安心してください。

時間は有限ですし、転職やキャリアアップのために簿記の資格が欲しい場合は、通信講座を利用してしまった方が、将来的なリターンも大きいです。

※クリックしても購入にはなりませんのでご注意ください!

簿記3級の勉強におすすめの通信講座②資格の大原

次におすすめなのが資格の大原です。

資格の大原の簿記3級講座の料金は、「24,500〜31,500円」と高額なので、簿記3級だけを目指している方にはあまりおすすめできません。

キノ

簿記3級だけを目指している方は、正直、スタディングを選ぶ方が良いでしょう。

では、なぜ資格の大原をおすすめするのかというと、簿記3級と2級のセットコースがあるからです。

簿記3級まで目指している方はの多くは、簿記2級まで取得することを考えているでしょう。

最近の簿記2級は、簿記1級から税効果会計や連結会計という難しい論点が降ってきたため、独学で学ぶには骨が折れます。

ですので、簿記3級のうちから簿記2級までのセットコースで学ぶ方が楽です。

コースによって異なりますが、簿記3級・2級のセットコースの料金は「81,200〜107,200円」と結構高額です。

 

・絶対に簿記2級まで取得したい方

・簿記2級を取得することで10万円以上のリターンがある方

 

上記のような方は、大原の簿記講座を検討してみてはいかがでしょうか?

※クリックしても購入にはなりませんのでご注意ください!

簿記3級の勉強におすすめの通信講座③ネットスクール

3つ目にご紹介するのは、「ネットスクール」です。

ネットスクールには、スタディングやクレアールのような簿記3級・2級セットコースはありません。

ただ、ネットスクールの講義で使用する教材を持っている方は格安で通信講座を受講できます。

はじめてネットスクールのWEB講座を受講する方

〇日商簿記3級ネット試験(CBT方式)速修コース

  • 教材込み:9,000
  • 教材別:3,400

〇日商簿記3級 統一試験/ネット試験対応標準コース

  • 教材込み:11,000
  • 教材別:5,400

キノ

別のスクールが出版しているテキストだと、講義の内容についていけない可能性があるので注意してください。

ネットスクールには、「学び舎」というSNSで講師や受講生同士質問などのやり取りができるので、独学の時のようにわからない問題に対して不安を感じることもありません。

また、ネットスクールの簿記3級講座には、速修コースと標準コースがあります。

独学である程度勉強していた方には、速修コースを選ぶことで費用を抑えながら通信講座で効率良く学習することができます。

キノ

学習の進捗度によりますが、オンデマンドで学習できるため、いきなり「解き方講義」からスタートしても良いかもしれません。

このように、簿記3級・2級セットコースはありませんが、既に独学で簿記3級の勉強をしている人におすすめできるスクールです。

※クリックしても購入にはなりませんのでご注意ください!

簿記3級『経験者向け』各通信講座を徹底比較!

本章では3つの通信講座を「料金・教材内容・サポート体制」の3要素+αで、簿記2級まで勉強することを想定した比較をしていきます!

キノ

簿記3級初心者の方も、簿記2級まで目指している場合は参考にしてください!
料金

1位:スタディング…21,800円(3級・2級セットコース)
2位:ネットスクール…36,400〜52,000円(3級+2級)
3位:資格の大原…581,200〜107,200円(3級・2級セットコース)

※ネットスクールの料金は、下記の通りです。
簿記3級速修コース教材別3,400円+簿記2級速修コース教材込み33,000円=36,400円
簿記3級標準コース教材込み11,000円+簿記2級標準コース教材込み41,000円=52,000円

教材内容

1位:スタディング
2位:資格の大原
2位:ネットスクール

※webで完結する教材(使い勝手が良い)という観点からこのような順位にしました。

サポート体制

1位:資格の大原
2位:ネットスクール
3位:スタディング

※講師に質問しやすいかどうかを基準にしました。

※順位付は筆者の主観です。

キノ

各スクールの平均点を算出しました。
平均点
  • スタディング:2.7点
  • 資格の大原:2点
  • ネットスクール:2点

※1位3点、2位2点、3位1点としています。

簿記3級を既に独学している人におすすめの通信講座は、「スタディング」です。

特に、簿記2級まで取得することを目指している方には、簿記3級・2級セットコースがおすすめです。

※クリックしても購入にはなりませんのでご注意ください!

資格の大原にも簿記3級・2級セットコースがあります。

ただ、スタディングと比較するとサポート面は強いのですが、料金が高いというデメリットもあります。

このあたりは、料金・教材内容・サポート体制の何を重視しているのかによって決めていただければと思います。

※クリックしても購入にはなりませんのでご注意ください!

まとめ

今回は簿記3級を勉強するときにおすすめのスクールを5つ紹介しました。

通信講座を選ぶ際は、下記の3つの要素から判断すると失敗しにくいです。

通信講座を選ぶときに比較したい3要素
  • 料金
  • 教材内容
  • サポート体制

この3つの要素の中で料金・教材重視なら「スタディング」で、サポートの質重視なら「資格の大」を選ぶと良いでしょう。

 

「どっちかなんて選べない!」

 

という方は、バランスの良い「ネットスクール」がおすすめです。

個人的にですが、別の級で実際に使ったことがある、スタディングが一番コストパフォーマンスも高くおすすめです。

しっかりと勉強すれば、どのスクールを選んでも簿記3級合格レベルにまで持っていくことができます。

勉強をしていく過程で、どの通信講座があなたと相性が良さそうか?

まずは、公式のホームページを参考にしてみてくださいね!

※クリックしても購入にはなりませんのでご注意ください!