【簿記3級】試験前の勉強方法を解説!計画的に進めよう!

簿記3級、試験前1

この記事では、簿記3級試験前の勉強方法について解説をします。

「簿記3級の試験前ってどんな勉強をすればいいの?」って迷ってしまう方も多いかと思います。

試験前にとにかく過去問をこなすという勉強方法でも良いのですが、せっかくなら試験でより良い点数が取れるように勉強をしたいですよね。

そこでこの記事では、簿記3級の試験前に効果的な勉強方法を実体験をもとにご紹介していきます。

この記事を最後まで読んで、簿記3級の試験に1発合格できるように今から勉強をしていきましょう。

キノ

この記事では、試験まで2週間ほど時間がある方を想定しています!

簿記3級の試験前の勉強方法は?

簿記3級の試験前の効果的な勉強方法は、「仕訳の練習を徹底的にやる」「過去問を解いて苦手論点を克服する」の2点です。

勉強方法の詳細を解説する前に、まずは簿記3級のネット試験の出題形式をご紹介します。簿記3級は下記の内容で70点以上取得で合格できます。

3級ネット試験
  • 第1問:仕訳
    配点:45点
  • 第2問:補助簿・勘定記入など
    配点:20点
  • 第3問:総合問題(財務諸表作成・精算表の作成など)
    配点35点

簿記3級試験は、第1問の仕訳問題と第3問の総合問題(財務諸表作成・精算表の作成など)の2つが完璧で80点です。

このように、簿記3級の試験では、「仕訳の精度を上げる」・「総合問題で点数を稼ぐ」ことを意識する必要があります。

簿記3級の試験前①スキマ時間で仕訳を徹底的に練習する

この章から簿記3級の試験前の勉強方法を詳しく解説していきます。まず1つ目は、仕訳を徹底的に練習することです。

先ほどの章でもご紹介しましたが、簿記3級の試験では、仕訳問題が45点分も出題されます。なので、仕訳が苦手だと試験に合格するのは極めて難しいと言えます。

そこで、仕訳の練習をスキマ時間を有効に活用して徹底的に練習するようにしましょう。家にいる時間では過去問をこなし、出勤時のスキマ時間で仕訳の練習をするのが良いでしょう。

スキマ時間での仕訳の練習は、「パブロフの仕訳アプリ」を使えばスマホ1つで仕訳の練習ができるので便利です。全ての問題で迷わず正解できるくらい繰り返して練習しましょう。

キノ

仕訳が苦手という方は、「【初学者必見!】簿記3級の仕訳のコツを5つ紹介します!」の記事を参考にしてください!
簿記3級、仕訳、コツ1 【初学者必見!】簿記3級の仕訳のコツを5つ紹介します!

簿記3級の試験前②過去問を解く

簿記3級の試験前の勉強方法の2つ目は、過去問を解くことです。

過去問題集には10回分ほど問題がついていると思いますので、最新の2回分を残し、それ以外で80点以上が出るようになるまで何度も解き直しをします。

全ての問題で80点以上が取れるようになったら、残しておいた2つの問題を解いて仕上げていきましょう。

初めて過去問を解く場合は、「問題を読む→解説を見る→解き直す」という順番で解いてみてください。

MEMO
ネット試験を受ける方は、問題用紙に直接書き込みをすることができないため、ネット試験と同じような環境で問題を解く練習もしておいた方が良いでしょう。

パブロフの個別問題集を購入すると、本番の試験さながらのPC上での模擬試験で練習することが可能ですよ!

キノ

テキストや個別問題集を購入する際は、必ず最新版を購入するようにしてください。22年から試験範囲に変更があります!

簿記3級の試験前③苦手な論点を洗い出す

簿記3級の試験前の勉強方法の3つ目は、過去問で苦手だと思う論点や間違えた問題をチェックして、あなたがまだ理解できていない論点を分析することです。

過去問は、ただ試験問題の練習をするために行うのではなく、まだ理解できていない・苦手な論点を見つけて、苦手を克服するために行うものでもあります。

ですので、過去問を解いたら解きっぱなしにするのではなく、しっかりと検証と復習ができるように過去問を活用していきましょう。

簿記3級の試験では、割と満遍なく試験範囲が出題されますので、苦手な論点をできる限り作らないことも重要です。

簿記3級の試験前④毎日苦手な論点を確認する

簿記3級の試験前の勉強方法の4つ目は、苦手な論点を毎日確認するということです。

「簿記3級の試験前③苦手な論点を洗い出す」で苦手な論点を確認したら、テキストや個別問題集に付箋やポスト・イットなどを使って目印を立てましょう。

重要な論点に付箋を貼るのではなく、苦手な場所に付箋を貼り、完全に理解できるようになったら付箋を剥がすようにすると良いです。

「過去問を解く→印をつける→できるようになるまで復習」のサイクルで勉強をしていけば、苦手な論点でも点数を取れるようになりますよ。

簿記3級の試験前⑤毎日テキスト全ページ見る

簿記3級の試験前の勉強方法の5つ目は、毎日テキスト全ページ見ることです。

テキストを読むというのは、簿記3級のテキストを1日に全範囲確認して、忘れないようにすることが目的です。

このようにお話しをすると「簿記3級のテキストって結構ページ数多いのに、毎日全ページ読むなんて無理じゃない?」って思われるかもしれません。

テキストを全ページ見ると言っても、ある程度理解・把握している論点については、さらっと見ていただければ大丈夫です。もっと言えば、目次を全て読むだけでも忘れてしまうリスクを軽減できますよ。

キノ

「1ページ3秒でめくる・太文字だけ確認する」くらいの気持ちで実践してみてください!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫) [ 宇都出雅巳 ]
価格:715円(税込、送料無料) (2022/10/5時点)

楽天で購入

まとめ

この記事では、簿記3級試験前の勉強方法について解説をしました。

簿記3級の試験は、試験範囲が満遍なく出題されるため苦手な論点を作らないことが重要です。

仕訳問題が全体の約5割を占めるので、仕訳の精度を上げる必要があります。1問につき1分で仕訳ができるように徹底的に練習をしておきましょう。

簿記3級はネット試験が導入されてから、基本的にいつでも受講できる資格になりました。仮に落ちたとしても何度でも挑戦できますので、気を楽にして挑戦してみてくださいね。

キノ

簿記3級に受かったら2級の受験も考えているという方は、「簿記2級に独学で挑む人必見!合格までの時間や勉強のコツを紹介」の記事も参考にしてみてくださいね!
簿記2級、独学1 簿記2級に独学で挑む人必見!合格までの時間や勉強のコツを紹介