当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【簿記3級】社会人が働きながら合格できる?実体験ベースで解説!

  • 働きながら簿記3級に合格できるの?
  • 働きながらの勉強時間の確保はできる?
  • 忙しいから効率良く勉強したい!

簿記3級はとても人気のある資格なので、一度でも勉強をしてみようと考えたことがある方も多いのではないでしょうか?

特に、社会人には「キャリアアップため」「投資などお金の勉強のため」「転職のため」など、簿記3級が必要になることもあるでしょう。

ただ、

 

「仕事をしながら簿記3級に合格できるのか?」

 

このような不安もあると思います。

結論から言うと、働きながらでも簿記3級に合格することは可能です。

とはいえ、簿記3級の合格率は高いものの、決して簡単な資格ではありません。

そこでこの記事では、実体験をベースに簿記3級に働きながらでも合格できるよう勉強方法などもお伝えしていきますので、最後までご覧ください。

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

簿記3級に合格するには、〇〇時間の勉強が必要!

まず知っておいていただきたいのが、簿記3級に合格するのにかかる勉強時間です。

各スクールの見解だと、初学者の場合おおよそ100時間ほどかかると言われています。

キノ

簿記3級を取得した時も100時間くらいかかったと思います。

100時間だと1日2時間勉強しても50日かかる計算なので、忙しい社会人ですと3ヶ月は簿記3級の勉強に時間が取られると思っておくと良いです。

MEMO

簿記3級に1ヶ月弱で受かった!なんて声も聞きますが、仕事をしながら勉強したら2〜3ヶ月はかかると思います!そう言う方々は特別だと思って、あなたのペースで無理なく勉強しましょう!

簿記3級試験の特徴を知ろう!

暇つぶし、社会人5

簿記3級試験の特徴を知ることで、効率良く勉強することができます。

簿記3級の勉強を始める前に下記の3つを確認しておきましょう。

簿記3級試験の特徴
  • 簿記3級は絶対評価の試験
  • ネット試験と統一試験を選べる
  • 簿記3級は試験傾向から対策できる

キノ

簿記3級の勉強をするのにあたり、対策を頭に入れておくことで勉強するモチベーションを保つことができました!

「勉強の方向性は間違えていない!」と確信しながら勉強を続けるのがコツだと感じます!

簿記3級は絶対評価の試験

簿記3級は、絶対評価の試験です。

どう言うことかと言うと、試験で70点以上取れれば確実に合格することができるということです。

MEMO

相対評価の試験の場合、受験者の出来不出来によって点数の調整が行われます。

なので、簡単な論点・問題は部分点も含めて確実に獲得していき、トータルで70点以上を目指しましょう。

ネット試験と統一試験を選べる

簿記3級、2級はネット試験と統一試験のどちらを受けるのか選択できます。

効率良く簿記3級に合格したいの場合は、ネット試験の受験をおすすめします。

理由は、ネット試験の方が問題の難易度が安定しているのと、あなたの好きなタイミングで受験できるからです。

合格率もネット試験の方が高く、受かりやすいのはネット試験だと言えます。

簿記3級の合格率
  • 統一試験165回:33.6%
  • ネット試験22年度:41.2%

どちらに合格しても同じ価値の資格ですので、ネット試験を受けると良いでしょう。

キノ

自分もネット試験を受験しました!

簿記3級は試験傾向から対策できる

簿記3級の試験は大問1〜3で構成されていて、毎回同じ出題構成です。

予想問題をたくさん解いて問題慣れすることで、簿記3級はかなり高い確率で合格することが可能です。

キノ

仕訳という言葉が登場しますが、これから簿記3級の勉強を始める方にはわからないかもしれません。簿記3級のメインテーマは仕訳と言っても過言ではないので、言葉だけでも覚えておいてください!

ちなみに、簿記3級試験の問題構成は下記のようになっています。

問題構成
  • 第1問:仕訳(45点)
  • 第2問:帳簿記入・勘定記入など(20点)
  • 第3問:総合問題(財務諸表や精算表)(35点)

第1問の仕訳で満点、第2問、3問で部分点を狙いの合計70点で合格できます。

キノ

勘定記入が苦手だったので、仕訳と第3問の総合問題を重点的に勉強し、第2問は部分点を拾いにいく勉強スタイルでした!

働きながら簿記3級に合格する3つのポイントとは?

働きながら簿記3級に合格するには、下記の3つのポイントを確認しておいてください。

3つのポイント
  1. あなたに合った勉強方法を見つける
  2. 勉強時間を捻出する
  3. 独学をするのか通信講座を利用するか決める

キノ

働きながら簿記3級の勉強をしましたが、動画教材・仕訳アプリを活用することでかなりスキマ時間に勉強することができました!

1:あなたに合った勉強方法を見つける

簿記3級は、しっかりと勉強すれば誰でも合格できるレベルの資格ですが、決して簡単なわけではありません。

簿記3級に合格できるような勉強方法を実施して、100時間程度の時間を投資する必要があります。

勉強方法は、「独学」するのか「通信講座」を利用するのかで異なりますが、共通して言えるのは、

 

「予想問題で平均で80点以上取れることを目指す」

 

ことです。

キノ

予想問題を解けるレベルになるまでの工程で「独学or通信講座」を選択することになります。

個人的には、FFS理論という性格診断を利用して、あなたに適した勉強方法を見つけることをおすすめします。

下記に、FFS理論を活用した勉強方法の基礎を解説していますので、簿記3級の勉強を始める前に読んでみてください。

2:勉強時間を捻出する

社会人が働きながら簿記3級に合格するには、スキマ時間を活用してくことが重要です。

例えば、スキマ時間は下記のように捻出します。

スキマ時間活用例
  • 通勤時間に動画を見る
  • 電子レンジ待ちで仕訳を解く
  • ご飯を食べながら動画を見る
  • 仕事の休憩時間を10分使ってテキストを読む
  • 寝る前にテキストを眺める

日常にあるわずかな時間を活用することで、働きながらでも簿記3級の勉強ができます。

キノ

スキマ時間を活用するには、スマホやiPadの活用がおすすめです!

3:独学をするのか通信講座を利用するか決める

簿記3級の学習するには、独学か通信講座どちらで勉強するのかを選ぶ必要があります。

キノ

働きながらの勉強だと、途中で勉強するモチベーションが下がってしまうかもしれないので、自分に喝を入れる意味でも通信講座を活用した方が楽かもしれません。

どちらを選べば良いのかは、下記を参考にしてみてください。

独学がおすすめの人
  • 簿記3級しか目指さない
  • 勉強に自信がある
  • お金をかけたくない
通信講座がおすすめの人
  • 簿記2級以上を目指している
  • 勉強に自信がない
  • 教材選びが面倒

下記の記事では、簿記3級を勉強を始める前に知っておいて欲しいことをまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

まとめ

この記事では、働きながら簿記3級に合格できるのかについて解説をしてきました。

働きながらでも、しっかりと勉強できれば簿記3級に合格できます。

簿記3級に合格するのに必要な勉強時間は100時間ほどと言われています。

働きながら勉強する場合は、なかなか時間を捻出することが難しいと思いますので、スキマ時間を活用していきましょう。

仕事の合間に試験勉強をするのは大変なことですが、2〜3ヶ月しっかりと勉強すれば簿記3級に合格できるレベルになりますよ!