【簿記3級】売上原価の覚え方とコツを紹介します!

簿記3級、売上原価1

この記事では、簿記3級の売上原価の覚え方をご紹介します。

簿記3級の中で、初めて勉強する方にとっては、なかなか理解しにくい論点が売上原価です。

財務諸表の部分を勉強したことがある方の中に「しーくりくりしーってなに?」「売上原価ってどういう意味?」っ思った方も多いと思います。

キノ

私も最初は売上原価の論点が理解できずに苦しみました・・・

そこでこの記事では、売上原価の基礎をわかりやすく解説していこうかと思います。

売上原価がどのようなものなのかを理解できるようになると思いますので、最後までご覧ください。

※この記事では、仕入勘定で売上原価を計算する方法の解説記事となります。

簿記3級で登場する『売上原価』とは?

簿記3級、売上原価2

「そもそも、売上原価ってなに?」という方のために、売上原価について解説をします。

売上原価とは、ある特定の期間(だいたい4月〜3月)における、企業が販売した商品の原価のことと覚えておけば良いでしょう。

キノ

売上原価は仕入勘定で計算をすることが多いですが、仕入≠売上原価であることに注意が必要です。

例えば、期首〜期末(4月〜3月)に1万円の商品1つのみ販売して売上高が2万円だとします。期首にも期末にも在庫が0だった場合、今期の売上原価は1万円ということになります。

【簿記3級】売上原価①概要をわかりやすく解説します!

簿記3級、売上原価6

この章では、売上原価の概要をもう少し踏み込んで解説します。

売上原価は、今期に販売をした商品の原価のことです。今期に販売したという部分がミソで、この部分が単純な仕入とは異なります。

どういうことかというと、商売を何期かに渡り続けていると、前の期に仕入れをして売れ残った商品も出てきます。この前期の売れ残りの商品は、通常今期で売れますよね。

また、今期で仕入れした商品が売れ残り、来期に持ち越す商品もあります。この前期からの売れ残り商品と、今期の売れ残り商品を加味して計算したものが売上原価となります。

【簿記3級】売上原価②繰越商品とは?

簿記3級、売上原価7

前の章で、前期の売れ残りの商品と今期の売れ残りの商品のお話をしました。

この売れ残り商品のことを繰越商品と言います。この繰越商品は、前期からの売れ残り商品も、今期の売れ残りの商品も「繰越商品」と呼びます。

キノ

わかりにくかったら、「前期繰越商品」「今期繰越商品」というように呼び方を区別しておくと良いですよ。

この繰越商品という言葉はとても重要なので、覚えておいてくださいね。

【簿記3級】売上原価③仕訳『しーくりくりしー』とは?

簿記3級、売上原価8

この章では、売上原価の計算式について解説をします。先ほどまでの章で、「売上原価:今期に売り上げた商品の原価」「繰越商品:次期に繰越す商品」「仕入:今期に仕入れた商品」というところまで解説をしました。思い出しておいてくださいね。

仕訳の前に、売上原価の計算式をご紹介します。具体的には下記の通りです。

売上原価の計算式
売上原価=前期繰越商品+仕入ー今期繰越商品

キノ

上記の式を仕訳に起こすと下記のようになります。
売上原価の仕訳
仕入200   繰越商品200
繰越商品300 仕入300

上記のような仕訳になります。この仕訳を無作為に覚えようとすると大変です。

そこで覚えやすく工夫されたものが、「しーくりくりしー」です。しーくりくりしーは、決算整理仕訳を行うときに必要な仕訳となりますので、必ず覚えるようにしてください。

しーくりくりしーの分解図
  • しー:仕入
  • くり:(期首)繰越商品
  • くり:(期末)繰越商品
  • しー:仕入

キノ

では、ここで簡単な問題です。
問題
今期の売上原価はいくらになるか?仕入勘定で売上原価を計算して仕訳まで答えなさい

  • 今期の仕入8000円
  • 期首の在庫1000円
  • 当期末の在庫1200円
解答はここをクリック
解答
●答え

【仕訳】

仕入1000   繰越商品1000
繰越商品1200 仕入1200

【売上原価】売上原価7800円

1:しーくりくりしーの言葉通りに当てはめて仕訳を作ります。

2:仕訳ができたら、最終的に仕入勘定を計算します。式でいうと下記の通りです。

売上原価=

仕入8000+(期首)繰越商品1000ー(期末)繰越商品1200=7800円

キノ

仕訳が苦手・・・という方は、「【初学者必見!】簿記3級の仕訳のコツを5つ紹介します!」をご確認ください!

【簿記3級】売上原価④イメージ図で解説します!

これまでのまとめとして、イメージ図を使用して売上原価の計算方法をご紹介します。

前提
  • 前期から繰り越した商品:10,000円
  • 今期の仕入:100,000円
  • 来期に繰り越す商品:20,000円

まずは、仕入と繰越商品の状況を整理するために、ボックス図にしてみます。

簿記3級、売上原価3

数字に置き換えると、下記のように置き換えることができます。

簿記3級、売上原価4

このように、ボックス図にすると売上原価を算定することが可能です。

ちなみに、借方と貸方は合計が一致するというルールに基づき、売上原価を差額で計算します。

キノ

では、今度は「しーくり くりしー」で仕訳をしてみましょう!

簿記3級、売上原価8

『しーくり』の意味は、資産である繰越商品(借方)を貸方に持っていき、期首の繰越商品を打ち消します。

『くりしー』の意味は、来期に持ち越す商品を借方に計上し、その分の商品を仕入勘定からマイナスする仕訳です。

簿記3級の売上原価について:まとめ

この記事では、簿記3級で学習する売上原価について解説をしました。

売上原価の計算と仕訳は、簿記3級試験の大問3で超高確率で出題されるとても重要な論点です。慣れてしまえば簡単に解くことができるので、ぜひここで仕訳勘定で計算をする売上原価のやり方を覚えてしまいましょう。

売上原価勘定で売上原価を計算する方法もあるので、そちらはテキストなどを用いて学習してくださいね。

キノ

簿記の勉強では、「マインドマップを使った勉強方法」がおすすめですので、参考にしてみてくださいね。