当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【簿記2級】独学と通信講座どちらがおすすめ?メリット・デメリットを解説!

  • 簿記2級は独学でも取得できるの?
  • 難しいって聞くから通信講座の方が良いの?
  • 独学と通信講座のメリットデメリットを知りたい

この記事では、このような声にお応えして、簿記2級の独学と通信講座のメリット・デメリットを個人的な意見を踏まえてお伝えしていきます。

 

「簿記2級は難しいから独学で取得するのは厳しい・・・」

 

このような意見を聞いたことがある方も多いでしょう。

キノ

自分もキャリアコンサルタントの方に、「最近の簿記2級は準1級レベルになっているので独学では厳しい」と言われた経験があります。

ただ、世の中には独学で簿記2級に合格している人もいるので、必ずしも独学で合格するのが無理という訳ではありません。

ただ最近では、簿記1級の中でも難しい「連結会計・税効果会計」などの論点が簿記2級でも出題範囲に含まれているため、独学で合格するハードルが上がっていることも事実です。

そこで、簿記2級を独学するのか通信講座を利用するのか、それぞれのメリット・デメリットをしっかりと把握する必要があります。

この記事では、簿記2級の「独学・通信講座」のメリット・デメリットわかりやすく解説し、あなたがどちらを選択すれば良いのかわかるようにお伝えしてきますので、最後までご覧ください。

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

簿記2級を独学するメリット

簿記2級を独学するメリットは下記の通りです。

独学のメリット
  1. 費用が安く済む
  2. 自分のペースで勉強できる
  3. 好きな教材を組み合わせて勉強できる

簿記2級を独学する場合のおすすめの教材は下記の記事でご紹介しています。

1:費用が安く済む

独学で教材を揃える場合は、通信講座を利用するのと比較してかなり費用が安く済みます。

キノ

参考までに自分が簿記2級の教材でかかった費用を載せておきます。
独学の料金例
  • 「テキスト」商業・工業:1,980円×2=3,960円
  • 「個別問題集」商業・工業:1,980円×2=3,960円
  • 「Udemy動画教材」商業・工業:1,340円×2=2,680円
  • 予想問題(Udemy):1,200円
  • 合計:11,800円

※Udemyはクーポンを活用した際の料金です。

※その他にも、いくつか教材を購入していますが、メインに使用していたものだけを紹介しています。その他に購入した教材は正直使わなかったためです。

有名な通信講座だと、A社は一括で49,000円、B社は53,000円です。(割引前の通常価格です)

その点、独学だと12,000円前後ですので、かなり安く済みます。

2:自分のペースで勉強できる

通各社によって異なりますが、通信講座の受講期間はおおよそ1年間です。

その点、独学の場合は有効期限がありませんので、自分のペースで勉強することが可能です。

ただし、会計基準の改定などで、テキストを買い直ししなければならないこともあります。

なので、独学でも1年を超えないように勉強していく必要はあるでしょう。

3:好きな教材を組み合わせて勉強できる

通信講座の場合、教材は用意されているものを使用します。

独学の場合、あなたの好きな教材を書店で選び購入することができるのがメリットです。

テキストはA社の方が見やすいけど、問題集はB社の方が充実しているなど使い分けることで、勉強効率をあげることができるでしょう。

簿記2級を独学するデメリット

簿記2級を独学するデメリットは下記の通りです。

独学のデメリット
  1. 教材選びが大変
  2. 講師に質問できない
  3. 効率良く勉強できない

1:教材選びが大変

簿記2級は人気資格のため、さまざまな教材が販売されています。

なので、教材選びにとても苦労する可能性があります。

キノ

どの教材を選べば良いのか迷って、本来なら不要な教材をいくつも購入してしまった経験があります。

個人的な感想ですが、あれこれ教材を購入するのではなく、一度決めた教材を徹底的に勉強する方が良いです。

問題集も1周解き終わって、次の問題集を購入するのではなく、同じ問題集を100点取れるまで何度も練習しましょう。

2:講師に質問できない

独学の最大のデメリットが、講師に質問できないことです。

わからない問題があっても、独学の場合は講師に質問できません。

なので、ネットなどを使って自分で調べる必要があります。

自分で調べればその分力が付きますが、かなり時間がかかるのと、ネットを使ってもわからなかった場合のモチベーションの低下は避けられないでしょう。

3:効率良く勉強できない

通信講座の場合は、ベテラン講師が効率良く簿記2級を学習できるようなカリキュラムを組んでいますが、独学の場合は自分流で勉強していくことになります。

勉強慣れしている方なら問題ありませんが、勉強するのに抵抗がある方・学生時代から時間が空いている場合は、効率良く勉強を進めるのが難しいかもしれません。

忙しい現代人の場合、勉強時間が長くなるほど勉強する意欲が薄れてしまうでしょう。

なので独学の場合、最悪、簿記2級の勉強すら辞めてしまうリスクもあります。

簿記2級を通信講座を利用して勉強するメリット

簿記2級を通信講座を利用して勉強するメリットは下記の通りです。

通信講座のメリット
  1. 講師に質問できる
  2. 効率良く勉強できる
  3. 教材選びに時間を取られない

おすすめの通信講座は下記の記事で5つご紹介しています。

1:講師に質問できる

通信講座の最大のメリットが、講師に質問できることです。

わからない問題を講師に質問できれば、効率良く勉強を進められます。

また、論点の理解度も上げていくことが可能です。

2:効率良く勉強できる

通信講座では、ベテラン講師が効率良く簿記2級を学習できるようなカリキュラムを組んでいますので、独学と比較すると短時間で簿記2級合格レベルの力をつけることができるでしょう。

キノ

正直、1時間でも勉強時間が短くなれば、他にやりたいこともできるので、勉強効率は馬鹿にできません。

3:教材選びに時間を取られない

簿記2級は人気資格のため、さまざまな教材が販売されています。

通信講座なら教材選びに時間がかかりません。

(通信講座を選ぶのには時間がかかりますが・・・)

あとは、ひたすら通信講座を信じて、他の教材に目移りせずに勉強を進めていきましょう。

簿記2級を通信講座を利用して勉強するデメリット

簿記2級を通信講座を利用して勉強するデメリットは下記の通りです。

通信講座のデメリット
  1. 独学より費用が多くかかる
  2. 受講期間が存在する
  3. 教材との相性が悪い可能性がある

1:独学より費用が多くかかる

通信講座は、独学と比較すると料金が高いです。

有名な通信講座と独学でかかる教材を比較すると、おおよそ4万円ほども多くの費用がかかります。

2:受講期間が存在する

通信講座の場合、各社で受講期間は異なりますが、おおよそ1年と受講期間が設定されています。

自分のペースで長期間勉強したいという方は、通信講座は向いていないかもしれません。

3:教材との相性が悪い可能性がある

市販のテキストの場合はテキストの買い直しができますが、通信講座の場合はそうはいきません。

なので、最初の段階でしっかりと通信講座のことを調べておかないと、後々後悔することになります。

この点は、通信講座の最大のデメリットと言えるかもしれません。

結局、独学と通信講座のどちらを選択すればいいの?

独学と通信講座の利用のメリットとデメリットを踏まえた上で、あなたの性格や状況に合わせて決めていきましょう。

ただ、

 

「メリットとデメリットを見ただけでは決めきれない・・・」

 

という方もいるでしょう。

簿記2級を独学で取得した自分の意見としては、通信講座を利用して勉強することを強くおすすめします。

お金に余裕がない方は、独学一択でいきましょう。

簿記2級は試験範囲も広く内容も難しいため、あやふやな理解のまま勉強を進めると、過去問などを勉強するときに苦労します。

特に工業簿記にいえることですが、1つ1つ正確に理解していかないと全体の流れが理解できなくなってしまいます。

キノ

工業簿記を苦手としている人は結構多いと聞いたことがあります。

後に、簿記1級にチャレンジしようと考えている方は、簿記2級の内容をしっかりと理解しておく必要があるため、通信講座を利用しておいた方が良いです。

キノ

自分は簿記2級に合格した時は70点台で、簿記2級の内容もあやふやになっている箇所が結構あり、せっかく簿記1級の通信講座を申し込みしたのに、簿記2級の内容から勉強しないとついていけない状態でした。

なので、お財布に余裕がある人は、通信講座を利用するのが最善です。

簿記2級を少しでも楽に取得するポイント!

簿記3級・2級には統一試験とネット試験があります。

2023年の統一試験の合格率は22%前後なのですが、ネット試験の合格率はは37%前後です。

ネット試験の方が問題の難易度も安定しており、いつでも受験ができるため、精神的にも普段の実力を十分に発揮しやすいです。

なので、簿記2級の試験を受ける場合は、統一試験よりもネット試験を受けた方が合格率も高いので受験が楽になります。

どちらの試験に合格しても、簿記2級に合格という意味では同じなので、ネット試験の方を受けることをおすすめします。

まとめ

この記事では、『簿記2級』独学と通信講座のメリット・デメリットを解説しました。

まとめておきます。

独学のメリット
  • 費用が安く済む
  • 自分のペースで勉強できる
  • 好きな教材を組み合わせて勉強できる
独学のデメリット
  • 教材選びが大変
  • 講師に質問できない
  • 効率良く勉強できない
通信講座のメリット
  • 講師に質問できる
  • 効率良く勉強できる
  • 教材選びに時間を取られない
通信講座のデメリット
  • 独学より費用が多くかかる
  • 受講期間が存在する
  • 教材との相性が悪い可能性がある

キノ

簿記2級は曖昧な理解をすると後々勉強に不都合が生じるため、個人的には通信講座の受講をおすすめします。

特に、簿記1級まで受験することを考えている方は、簿記2級の理解が曖昧だと

 

簿記2級の勉強からスタートしなければいけない・・・」

 

なんてことになります。

キノ

自分がこのパターンでした・・・

どうしても通信講座にお金をかけられないという人は独学一択。
 

ですが、それ以外の方は通信講座を利用した方が、独学よりも効率良く学習を進めることができますよ。

 

おすすめの通信講座は下記の記事で5つご紹介しています。