自己紹介

こんにちは、キノシタです。

2020年4月現在Webデザインスクールに通う32才です。

今までに幾度となく転職や職業チェンジ、ビジネスを経験してきました。転職経験はアルバイトなどを含めて10回(正社員は4回)はしました・・・

仕事って人生の大半のウェイトを占めるので、自分が楽しく働けるのが理想最悪でも働くこと自体が苦ではない仕事をしたいと思いました。

転々と仕事を変えた中で、自分にはどんな仕事があっているのか?と日々葛藤してきました。

そんな中で、個人的に現状ベストだと思う働き方がwebデザインを仕事とすることだと思い、現在はWebデザインのスクールに通っています。

webデザインがベストだと思った理由については後ほどお話ししたいと思いますが、このような転職経験やビジネスの経験を活かしてこのブログでは、

 

・webデザインスクールに実際に通っている感想
・将来的にwebデザインってどうなの?
・転職で経験したこと、仕事の選び方、働き方

などの情報発信をしていきたいと思います。

 

もし、

・働き方に迷っている方や行動する勇気が出ない・・・
・webデザインって実際どうなの?
・スクールって本当に意味があるの・・・?
・プログラミングが流行っているが、自分にできるか不安・・・
・スクールもたくさんあるが本当に手に職をつけれるか不安・・・
・プログラミングといっても色々あるから何を覚えたらいいのかわからない・・・

って言う方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

パン屋で働く

自己紹介2

物作りが好きだったため、高校卒業後は製菓・製パン専門学校に入学。約7年ほどパン職人として働いてきました。

仕事自体は楽しくやっていましたが、3つの悩みがありました。

 

・アレルギー体質なので鼻炎が止まらない
・体力仕事なので定年まで働けるか不安
・何よりお給料が安い

 

体質的に小麦粉が蔓延している職場での作業が体に合っておらず、お給料も安く将来的に結婚しても家族を養っていけるとは到底思えなかった・・・

(収入は手取りでは14万ほどだったと思います)

 

副業で投資を始める

仕事に対して悩みはあったものの、7年間パン職人をやってきた私はパソコンも使えないし、狭いコミュニティーの中で過ごしてきたため、あまりにも世間知らずでした・・・

そのため、自分にはパン屋で働くしか道がないと思い込んでいたため、他の業界で働くという選択肢がありませんでした。

ただ、他の仕事はできなくてもどうにか副業で生活費を稼ぎたいと思い、色々と情報収集をしたところ、当時副業で人気No1だったFXにチャレンジしました。

本や教材なんかも購入して必死で勉強しましたが、投資なんてやったことがない素人の私には、FXは難しすぎてお金だけ溶かしてすぐに挫折してしまいました。

 

日雇い派遣で副業をする

FXで失敗したて貯めていた少ない貯金がなくなったあと、転職の関係で一人暮らしを始めましたが手取り14万・・・

切り詰めて生活してもお金が足りず、収入を増やすために日雇い派遣をしてやりくりしていました。

日給は6500〜7000円ちょっとだったためかなり安く「まあ、やらないよりはマシ・・・」くらいの気持ちで休みを削って働く日々です。

そんな生活をしているある時に、とある女性と出会います。

 

とある経営者との出会い

自己紹介3

周りの友達との収入の差にコンプレックスを抱えていた時に、あるビジネスをやっている女性A子さんと出会いました。

A子さんとお茶をしながら、なぜか「将来何をしたいか?」みたいな話しや今の仕事のことなど短時間でしたが色々な話をしました。

私はめちゃくちゃお金持ちになりたいとかそこまでの事は思っていませんが、普通に安定して生活ができる経済力を身につけたいという話をしたところ、

A子さんからこんな提案があります。

「いつもお世話になっている経営者(師匠)がタワマンに住んでいて特別に紹介するから会ってみない?勉強になると思うよ!」っと。

当時の私は何も知らない世間知らずで、将来の金銭的な不安で毎日憂鬱だったため、A子さんに紹介された「師匠」に会うことになりました。

 

パン屋以外でも働けると知った(転職)

A子さんの師匠とタワーマンションで会うことになり、当時はこんなすごいマンションに入ったことがなかったため緊張しましたが、その師匠の人柄が良く現状の悩みなどを聞いてもらい、

「パン屋以外にも色々な働き方ができる」

ということを教えてもらいました。

この出会いがなければ多分今でもパン屋で働いていたでしょう。何も変わらない自分に違和感は合っても、ずっと消えない将来的な不安を抱えながら・・・

 

転職活動

師匠の助言で転職活動をしたものの、27才でパソコンもろくに使えない人間を雇ってくれる会社ってあまりないんですよね・・・

今の時代、中途ならパソコンが使えて当たり前なんです。

だからすごい苦労しましたが、どうにか契約社員で内定をもらうことができ、パン職人以外の職種につくことができました。

多分、背中を押してくれる人がいなければいつまでたっても他業種に転職をすることはなかったと思います。

そこでパソコンのスキルを身につけ、「他の業種・未経験」でもやろうと思えばある程度のことはなんでもできるという自信がつきました。

 

実際にビジネスをやってみた

しかし、まだ将来の金銭的な不安が払拭されたわけではありません。

その後も、師匠とちょくちょく会いビジネスや働き方について色々とアドバイスをもらっていました。

この頃になるとお金を稼ぎたいという気持ちよりも、「自分の責任」で「自分で選択しながら仕事をする」という働き方をしたいと思うようになりました。

仕事って本気でやれば面白いってことに気づきました!

そんなことを考えている時に、A子さんから本格的にビジネスを紹介するから明日事業説明会にきてくれと言われ説明会の事前説明を受けました。

この時「なんか若干怪しいな・・・」と感じてはいましたが、すでに信頼関係ができている師匠たちと一緒に仕事ができるというところに魅力を感じていたので、説明会に参加することにしました。

その説明会で紹介されたのがネットワークビジネスだったんです。

私はネットワークビジネスにとても不信感を持っていたものの、この時にはかなりビジネスについて興味を持っていたし、長期間師匠たちと時間を過ごしてきて信頼していたということもあり、ネットワークビジネスをはじめることにしました。

 

ネットワークビジネスはうまくいかなかった・・・

ネットワークビジネスを始めてから色々な人にあったりイベントに参加したりと人脈を増やしていきましたが、私には組織を作ることができませんでした。

理由としては、チームが過激で結構な金額の買い込みも当たり前だったため、お金もすぐにマイナスになりました。

毎日のようにミーティングがあり寝るのも夜中の2時すぎで朝6:30には起きて会社にいく・・・

買い込みをする資金がないので、平日のミーティング以外の日は副業のアルバイトをしながらビジネスに取り組んでいました。

こんな辛い思いを自分の友達にやらせると思うと、師匠やアップのA子さんにほとんど友人を紹介することができず、ジリ貧になってしまったため辞めてしまいました・・・

結局3〜4ヶ月ほどやって自分に全く合っていないなと実感しました。

借金だけ残り体もボロボロになり、この遅れを取り戻そうとネットワークビジネスの活動中に知り合った人達から色々なビジネスを紹介しももらいました。

主にやってみたビジネスは、、、

・別のネットワークビジネス
・投資(バイナリーオプション)
・不動産の営業

などです。

ぶっちゃけ、どれもうまくはいきませんでした。

もう、自分にはビジネスなんて無理だ・・・
大学にも行っていないし、センスがないんだな・・・

このように思ったため、本職での収入をあげようとさらに転職をすることにしました。

 

転職を繰り返す

自己紹介4

ネットワークビジネスは自分には向いていないし、他のビジネスについても全く結果が出なかったため、本職で収入を増やそうと転職をしてきました。

ちなみに、今まで経験してきた仕事としては、

・パン屋、パティシエ
・日雇い派遣
・居酒屋、ファミレス店員
・建築系の事務
・OA機器のルート営業事務
・ウォーターサーバー、コーヒーサーバーの営業
・事務の派遣社員

結構な回数転職をしているので、履歴書がだいぶ汚れていますがその分色々な経験をしてきました。

色々な仕事をやってきたので、それぞれの特徴などブログ内でお話しできるかなと思います。

 

コーヒーサーバーの営業に転職

少しでも本職での収入をあげようとウォーターサーバーやコーヒーサーバーの営業に転職しました。

この営業は本当に大変な仕事でした。毎日必死で数字を追いかけて外も中も敵という過酷な環境です。

飛び込み営業だったということもあり、毎日遅い時間まで働き職場でも怒られ訪問先でも怒られるというどこにいても敵しかいないという状態でした。

毎日出勤するのが苦痛で、出社よりも30分早く出勤するよう言われていたのにも関わらず出勤時間ギリギリまで会社の周りをくるくる歩きながら気持ちを落ち着けたりしていました。

そんな営業だったからこその学びというものは大きく、ビジネスは困っている人の「問題解決」であり、商品やサービスを利用してもらわないと収益につながらないという超大切なことに気づくこともできました。

 

ブログとの出会い

自己紹介5

ビジネスで失敗して自分にはビジネスで稼ぐことができないとあきらめかけていた時に、ブログを一緒にやらないかと声をかけてもらいました。

ブログは以前に誰にも見てもらえず撃沈した経験があり、本当にブログで大丈夫かな?と心配でしたが、

今回は幸運なことに複数人のチームでブログを運営するとのことだったのでブログでのビジネスを開始しました。

 

チームでブログを開始

正直はじめたばかりの頃は筆も進まないしどのように書いたら良いのかわからず悪戦苦闘していましたが、1記事2記事と毎日書いていくうちに、だんだんと書けるようになっていきました。

ブログってすぐには結果がでないし、孤独との戦いです。

記事を書くにも体力も頭も使うので1記事書くだけでも結構しんどいので辞めていく人が多いみたいです。

幸い私は複数人でブログを始めることができ経験者もいたため教えてもらいながらできたのが大きく1年ほど続けることができました。

その影響もあり、現状ではたいして成果自体は出ていませんし1年ほどかかりましたが、徐々にPV数も上がっていき収益も出るようになってきました。

ちなみにこのブログではなく別のブログですが、1年で約25000PVほどになりました。

ブログでの気付き

色々なビジネスを試してみて気づいたのが、

・ビジネスは成果主義のため自分で結果を出さないといけない
・超努力が必要で自分の特性に合ったビジネスを選ぶ必要がある
・時代の流れに乗っている必要がある
・再現性が高くないといけない

ということがわかりました。

また、ブログに関連していて、ブログだけではなく安定した働き方ができるWebデザインという働き方を知りました。

 

Webデザインとの出会い

自己紹介6

将来的にブログで在宅ワークができるような環境を身につけ、他にも安定して収入を得られる仕事を探していた時に、エンジニアでプログラミングという働き方を知りました。

最初はプログラミングとブログを身につけて在宅でもできる働き方がしたいと思っていて、スクールを探すと、「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」というWebデザインのスクールを見つけて説明会に参加しました。

説明会に参加する前に思っていたことは、

・収入が少なそう
・残業が多いイメージ
・素人でも簡単にホームページが作れるので業界が衰退しそう

でした。予約をしたので参加して話を聞いて参考にしようと思っていましたが、正直「やっぱりプログラミングかな?」将来性もありそうだし!

って思っていました。

しかし、説明会で話を聞いているうちにブログや自分が目指していた働き方との相性が良いことに気づきました。

 

なぜWebデザインなの?Webデザインって将来的にどうなの?

Webデザインはブログとの相性がとても良いです。

ブログで必要となってくるスキルは、

・ライティング
・マーケティング

です。

この2つのスキルがあれば、ブログやサイトを立ち上げて仕事をすることができるようになります。

ただ、ブログは文字ベースのツールのため、現在の情報に溢れかえった時代では読者が本当に必要な情報を見つけるのが困難です。

そこで、重要だと思ったのが視覚を駆使して情報を見つけてもらいやすくできるWebデザインでした。

ビジネスやサラリーマンとしての仕事でも同じですが、商売の「基本は物やサービスを売ること」ですよね。

なので、仕事をする上で販売能力はいつの時代にも必要になると思うんです。

今の時代ではインターネットというとても便利なツールがあります。ほとんどの人がネット通販を利用したりブログを見て便利さがわかりそこから購入するって当たり前の時代です。

Webデザインでインターネット上で仕事ができるようになれば、自分の責任で働きたい、やり甲斐のある仕事を率先して行いたいと思っている方はとても良い働き方だと思いました。

将来的にWebデザインという仕事がなくなるかもしれないなんて言われてますが、素人がいくらそれっぽくサイトを作成しても限度があります。

いくらサイトやブログを作成しても、サイトやブログの目的(集客や収益をあげるなど)を果たすことができなければ作る意味すらあるか疑問です。

なので、ただデザインができる人だったら仕事がなくなるかもしれませんが、サイトを作る目的を果たすことができる人なら将来的にずっと需要がある働き方だと思います。

 

Webデザインスクールに通ってみた

そんなこんなで、Webデザインを学ぶために最初に説明会を受けたデジタルハリウッドSTUDIO by LIG」というスクールに通うことになりました。

私は全くの素人でしたが、動画で詳しく解説されたいるため学習を進めるうちに理解度も上がっていきました。

そもそもスクールって通う必要あるの?って思われるかもしれませんが、人間には2種類いると思っていて、

・独学でなんでもできてしまう一部の超天才
・独学では難しいけど教わればできる大勢の人

独学でなんでもできる人ならスクールに通う必要はありませんが、私みたいに独学だと限界を感じる人ならスクールで教えてもらいながら勉強するのは大いにアリだと思います。

スクールに通うメリットは、

・スクールという環境が学習を続けやすくする
・独学よりもスムーズに学習を進めることができる
・わからないところもプロに教えてもらうことができる

このように、素人が1から独学するよりも学習効率を上げることができるので、一人では挫折してしまう人でもスキルを素早く身に着けることができるようになります。

 

さいごに

自己紹介7

ずいぶん長くなってしまったので、また別の機会にお話しできればと思いますが、このブログでは、

・Webスクールに通った感想やスクールで気をつけたいこと
・転職や働き方の体験談
・ブログで気づいたことや役立ったこと

などの情報発信をしていきたいと思います。

あなたの参考になることがお届けできたら幸いです。

 

それでは、ありがとうございました。