インスタントコーヒーの種類【美味しいコーヒーの選び方あり】

インスタントコーヒー、飲み方1 コーヒー

 

缶コーヒーばかりだとコストが高いからインスタントコーヒーに変えたいんだけど、インスタントコーヒーって種類があるみたいだし何が違うんだどう・・・?

あんまり美味しいイメージもないし、おすすめのインスタントコーヒーを教えて欲しいな・・・

結局どれが一番美味しいの・・・?

 

缶コーヒーやカフェでコーヒーばかり飲んでいると、意外とお金がかかりますよね。

インスタントコーヒーであれば経費も削減できるので、普段飲んでいる缶コーヒーからインスタントに変えようと思っても、

 

「正直インスタントコーヒーって美味しくない・・・」

 

ってイメージがあるかと思います。

また、一括りにインスタントコーヒーと言っても種類があり、コーヒーの飲み方でもどのインスタントコーヒーを選べば良いのか異なります。

そこで今回は、「インスタントコーヒーの種類と、どうやって選べば良いのか」についてお話ししていきたいと思います。

 

インスタントコーヒーの種類は大きく2種類

エスプレッソ、アイスコーヒー2

インスタントコーヒーには大きく分けて2種類あります。

具体的には下記の通りです。

 

・スプレードライ
・フリーズドライ

 

この2つの違いは、製造工程に違いがあります。

それぞれがどのように作られているのか簡単にご紹介します。

 

種類①:スプレードライ

スプレードライ方式のインスタントコーヒーは「熱」を利用して製造されています。

具体的には下記のような製造方法になります。

コーヒー液を噴霧→熱で素早く乾燥させる

 

このように、霧状に吹き出して乾燥させるため、インスタントコーヒーの形状が細かいのが特徴です。

また、形状が細かいので溶けやすいのも魅力の一つです。

そのため、ミルクなどでコーヒーを作るときに向いているコーヒーと言えそうです。

また、コーヒーこの製造方法は大量生産がしやすいため値段も安い傾向にあります。

 

スプレードライを選ぶポイント

・溶けやすさ
・コスパを重視する
・ミルクなどのラテ系が多い

 

種類②:フリーズドライ

フリーズドライ方式のインスタントコーヒーは、「冷」を利用して製造されています。

「冷」ってなんだよ!って感じですよね。具体的には下記のような製造方法になります。

コーヒー液をマイナス40℃で固めて砕く→真空状態にして水分を蒸発させる

 

このように、冷凍して真空状態にしてから水分を蒸発させるため、味の変化が少ないのが特徴です。

コーヒーはブラックや微糖で飲むことが多いという方は、スプレードライ方式で作られたものよりも、フリーズドライ方式で作られたインスタントコーヒーを選ぶ方がおすすめです。

また、この製造方法は味がスプレードライよりも良い分生産するのに手間がかかるため、値段が若干高い傾向にあります。

スプレードライとフリーズドライのコーヒーを見た目で見分けるのも簡単で、一度コーヒー液を凍らせて砕くためスプレードライ方式に比べて粒が大きいです。

スーパーなどで購入する際には下記の画像を参考にしてみてくださいね!

 

フリーズドライを選ぶポイント

・コーヒーの味を楽しみたい
・コーヒーの香りを楽しみたい
・ブラックや微糖で飲むことが多い

インスタントコーヒー、種類3

 

インスタントコーヒーは何の種類を選べば良いか?

エスプレッソ、アイスコーヒー4

インスタントコーヒーを選ぶには、製造方法の違いを意識する他にも3つのポイントを意識してみてください。

具体的には下記の通りです。

 

おすすめのコーヒーの選び方

ポイント①:コーヒーを飲む頻度
ポイント②:コスパ
ポイント③:コーヒーの飲み方

 

この3つのポイントから、あなたのコーヒースタイルに合わせてインスタントコーヒーを選んでいただければ、基本的に失敗せずに美味しいインスタントコーヒーを選ぶことができると思います。

 

ポイント①:コーヒーを飲む頻度について

コーヒーを飲む頻度によって、インスタントコーヒーを選ぶ基準を作ることができます。

一口にインスタントコーヒーと言っても商品バリエーションってすごいいっぱいありますよね!

その中でも、すっごい大きなカテゴリーに分けると、次の2つのような分け方ができます。

 

・ビン詰めタイプ
・スティックタイプ

 

コーヒーを飲む頻度が高い方であればビン詰タイプのインスタントコーヒーを選ぶのがおすすめです。

ビンの方が一杯単価で計算しても20〜30円程度で飲めるのでコストを抑えることができます。

逆に、そこまでコーヒーは飲まないけど、たまに無性に飲みたくなるという方はスティックタイプのインスタントコーヒーがおすすめです。

ビンだと一度開けてしまうと、空気が入ってしまい味が落ちてしまうので長期保存するにはスティックタイプの方が適しているからです。

ただ、ビン詰めに比べると一杯単価は30〜50円ほどになってしまう傾向があるので、コーヒーの消費量に合わせてビンかスティックかを選べば良いかと思います。

 

ポイント②:コスパについて

インスタントコーヒーと言っても商品によって料金は結構違います。

高いものだと一杯100円ほどするものもあれば、安いものだと15円ほどでコーヒーを楽しむことができます。

コストの関係性で言うとこんな感じです。

 

コストが高い

・ブランド品
・フリーズドライ方式のコーヒー
・スティックタイプ

 

コストが低い

・ノーブランド
・スプレードライ方式のコーヒー
・ビン詰めタイプや入れ替えタイプのもの

 

味や保存について重要なポイントですが、とにかくコーヒーが好きで毎日3杯は飲みたいけど、あまりコストをかけたくないという方は、コスト重視かつ少しでもあなたが楽しみたいインスタントコーヒーの飲み方に適しているコーヒーを見つけてみてくださいね!

 

ポイント③:飲み方について

インスタントコーヒーを選ぶ基準の3つ目がコーヒーの飲み方についてです。

主にコーヒーの飲み方は下記の3つに振り分けられるのではないでしょうか。

 

・ブラック
・微糖
・ラテ系

 

コーヒーの飲み方で重要になってくるのが飲み方で、それに適したインスタントコーヒーを購入すれば、インスタントコーヒーでも美味しく飲むことができます。

 

ブラック

ブラックコーヒーはダイレクトにコーヒーの味が伝わってくるため、製造工程でコーヒーの味が落ちにくいフリーズドライ方式のコーヒーを選ぶのがおすすめです。

また、飲む頻度が低いようであればスティックタイプが良いでしょう。

 

微糖

微糖も同じくコーヒーの味がダイレクトに伝わってくる飲み方になるので、製造工程でコーヒーの味が落ちにくいフリーズドライ方式のコーヒーを選ぶのがおすすめです。

ビンタイプかスティックタイプかも飲む頻度によって決めると良いでしょう。

微糖とは言え、砂糖が入るため飲み過ぎには注意ですよ〜

 

ラテ系

ラテ系は水の代わりにミルクで作ること美味しいコーヒーが飲めます。ただ、ミルク100%で作ると水に比べて粘度が高いためフリーズドライ方式の粒が大きいタイプでは溶けにくいです。

また、ブラックコーヒーとは違いコーヒーの味そのものというよりは、ミルクとコーヒーのバランスが重要になるためそこまでインスタントコーヒーの味を重要視する必要はないかと思います。

そのため、ほとんどラテ系しか飲まないのであればコスパも抑えられて溶けやすく作りやすいスプレードライ方式のインスタントコーヒーの方がおすすめです。

 

番外編:さらに美味しくインスタントコーヒーを飲むには?【バリスタ】紹介

エスプレッソ、アイスコーヒー5

ここからちょっとおまけで、インスタントコーヒーをさらに美味しく飲む方法についてお話ししたいと思います。

結論から言うと、ネスカフェの「バリスタ」を使いましょう!

バリスタはインスタントコーヒーをより美味しく飲むためにあるコーヒーメーカーです。

豆から入れるコーヒーとは違いどうしても品質が落ちてしまうインスタントコーヒーを、空気の圧力をかけて抽出するエスプレッソ抽出してくれます。

エスプレッソ抽出することで、コーヒーのコクとインスタントコーヒーを普通に入れるだけでは絶対に味わうことができない「クレマ」を楽しむことができます。

クレマがあることでよりコーヒーらしいのコクが出ますし、雰囲気も楽しむことができます。

コスパもインスタントコーヒーを使うため一杯単価も20〜30円ほどで済むので経済的です。

家でも美味しいコーヒーを楽しみたいという方は一度試してみてくださいね!

 

まとめ:インスタントコーヒーの種類と選び方

エスプレッソ、アイスコーヒー6

今回は、インスタントコーヒーの種類と選び方のコツについてお話ししてきました。

私もコーヒー関連の仕事をするまではインスタントコーヒーなんてどれも同じでしょ!なんて思っていましたが、実は製造工程も全然違うんです。

具体的には、

 

★スプレードライ方式

・コーヒー液を噴霧→熱で素早く乾燥させる

●スプレードライを選ぶポイント

・溶けやすさ
・コスパを重視する
・ミルクなどのラテ系が多い

 

★フリーズドライ方式

・コーヒー液をマイナス40℃で固めて砕く→真空状態にして水分を蒸発させる

●フリーズドライを選ぶポイント

・コーヒーの味を楽しみたい
・コーヒーの香りを楽しみたい
・ブラックや微糖で飲むことが多い

 

また、それぞれに特徴があるので、選び方で迷った方はこちらを参考にしてください。

 

★おすすめのコーヒーの選び方

ポイント①

コーヒーを飲む頻度が高い:ビン詰タイプ
コーヒーを飲む頻度が低い:スティックタイプ

ポイント②

価格が安い:ビンタイプ、スプレードライ
価格が高い:スティックタイプ、フリーズドライ

ポイント③

飲み方がブラックと微糖:フリーズドライ
飲み方がラテ系    :スプレードライ

 

インスタントコーヒーはあまり美味しくないと思っていた方で、コーヒーのコストを軽減したいという方は、一度この記事を参考にインスタントコーヒーを選んでみてくださね!

それではありがとうございました。