【検証!】ドリップコーヒーは一杯いくら?インスタントよりお得?

ドリップコーヒー、一杯いくら1 コーヒー

コーヒーが好きなんだけど、毎日カフェで飲むとお金がかかるからコーヒー代のコストを削減したいな・・・

でもインスタントコーヒーだとちょっと物足りないし、ドリップコーヒーって一杯いくらくらいかかるんだろう・・・?

考え事をする男性
考え事をする男性

こんにちは、キノシタです!

ビジネスシーンでも大活躍で、健康効果なども期待されているコーヒーですが、毎日コーヒーを飲むと意外と料金ってバカにできないですよね。

仮に毎日コンビニの美味しいコーヒーを100円で買ったとしても月に3000円ほど。

また、カフェで仕事をしたり読書をすることが日課の方だと、300円のコーヒーを毎日飲むと料金にして9000円です。

9000円あったら結構美味しい料理を食べに行けちゃいますよね。

かと言って、インスタントコーヒーでは満足できない・・・

コーヒーの一杯あたりの金額をいくらか落とすことはできないのでしょうか?

 

結論からお話しすると、ドリップコーヒーを自分で入れると毎月のコーヒーのコストをかなり削減することができます。

また、自分でコーヒーを入れる場合「一杯あたりいくら」料金がかかるのか?計算方法を知っておくことで、コーヒー代を削減することができるのかもわかります。

今回は、ドリップコーヒーを家で入れると一杯いくらになるのかお話ししていきたいと思います。

 

ドリップコーヒーは一杯いくら?計算式はこちら

ドリップコーヒー、一杯いくら2

ドリップコーヒーを家で入れる場合の計算をするには、下記の項目に数字を当てはめてみてください。

 

1、コーヒー豆の値段
2、コーヒー豆が入っているグラム数
3、コーヒーを入れる際のグラム数

 

上記の項目の数字がわかれば、ドリップコーヒーを入れるときにかかる一杯あたりいくらかかるのかを正確に求めることができます。

(今回はペーパードリップで入れる場合を想定し、ペーパーの料金を含めていません。)

実際の計算式はこちら

(1、コーヒー豆の値段)÷(2、コーヒー豆が入っているグラム数)=(コーヒー豆1グラムあたりの単価)
(コーヒー豆1グラムあたりの単価)×(3、コーヒーを入れる際のグラム数)=一杯単価

以上になります。

 

こちらの記事ではドリップコーヒーが本当にコスパがいいのか?についてお話ししています。

ドリップコーヒーはお得ですが、コスパが悪くなってしまう場合もあります。ドリップコーヒーをお得に楽しみたいか方は合わせてどうぞ!

例:パターン1

では具体的に例をあげたいと思います。

こちらは通販サイトで一番上の方にあったコーヒー豆の値段を参考にしました。また、コーヒー豆のグラム数は一杯12グラム使用する計算にしています。

 

1、コーヒー豆の値段:1200円
2、コーヒー豆が入っているグラム数:1000グラム入り
3、コーヒーを入れる際のグラム数:12グラム(コーヒーカップ一杯分)

(1、コーヒー豆の値段:1200円)÷(2、コーヒー豆が入っているグラム数:1000グラム入り)(コーヒー豆1グラムあたりの単価:1.2円)
(コーヒー豆1グラムあたりの単価:1.2円)×(3、コーヒーを入れる際のグラム数:12グラム)14.4円/一杯単価

1200円のコーヒー豆を買ってきたら、一杯あたり大体14円ほどかかるということがわかりました。

次に、別のパターンで計算してみたいと思います。

◼️例:パターン2

パターン2では、計算式をみやすくするために基本的には数字ベースで表記してみます!

 

1、コーヒー豆の値段:720円
2、コーヒー豆が入っているグラム数:500グラム
3、コーヒーを入れる際のグラム数:12グラム

720円÷500グラム=1.44円
1.44円×12グラム=17.28円/一杯単価

 

いかがでしょうか?

こちらのパターンでは一杯あたり17円ほどの計算になりました。

カフェのコーヒーって、日本ではドリップコーヒーが多いため、家で入れても高いイメージがあるかもしれませんが、実際はこんなに安く入れることができます。

次の章では、ドリップコーヒーとインスタントコーヒーどちらがお得に飲めるのか比較していきたいと思います。

 

ドリップコーヒーは一杯いくら?インスタントと比較してみた

ドリップコーヒー、一杯いくら3

先ほどの章でドリップコーヒーが一杯いくらになるのか計算をしました。

この計算式を使えば、ドリップコーヒーの他にインスタントコーヒーの料金も導き出すことができます。

 

インスタントコーヒーの料金

実際にインスタントコーヒーの料金を求めてみたいと思います。

こちらもネット通販のページから料金とグラム数を参考にしました。

パッとみた感じ割高に見えるかもしれませんが、ドリップコーヒーとインスタントコーヒーは使用するグラム数が違うためです。

では詳しい計算はこちらになります。

 

例:パターン1(コンビニでインスタントコーヒーを購入)

 

1、コーヒー豆の値段:368円
2、コーヒー豆が入っているグラム数:70グラム入り
3、コーヒーを入れる際のグラム数:2グラム(コーヒーカップ一杯分)

(1、コーヒー豆の値段:368円)÷(2、コーヒー豆が入っているグラム数:70グラム入り)=(コーヒー豆1グラムあたりの単価:5.25円)
(コーヒー豆1グラムあたりの単価:5.25円)×(3、コーヒーを入れる際のグラム数:2グラム)=10.51円/一杯単価

コンビニで購入したインスタントコーヒーで入れた場合、一杯約10円で飲めるようです。

では、次にネット通販で業務用を購入した場合はいくらかかるのか計算してみます。

 

例:パターン2(ネット通販で業務用を購入)

 

1、コーヒー豆の値段:862円
2、コーヒー豆が入っているグラム数:250グラム入り
3、コーヒーを入れる際のグラム数:2グラム(コーヒーカップ一杯分)

862円÷250グラム=1グラムあたり3.44円
3.44円×2グラム=6.89円/一杯単価

以上になります。

 

インスタントコーヒーの場合、はコンビニで割高のインスタントコーヒーを購入した場合でも一杯単価は10円ほどでした。

ネットなどで業務用を購入した場合はさらに安くなり、一杯7円ほどでコーヒーを楽しむことができます!

 

ドリップコーヒーとインスタントコーヒーの料金比較

ドリップコーヒー、一杯いくら4

ドリップコーヒーとインスタントコーヒーが一杯いくらになるのか計算してみました!

結果がこちらです。

 

ドリップコーヒー:一杯約15円
インスタントコーヒー:一杯約10円

 

このように比較すると、やはりインスタントコーヒーは安いということが分かりますが、ドリップコーヒーでも5円ほどしか料金が変わりませんよね!

インスタントコーヒーでは味に満足できないという方は、一杯15円ほどで楽しめるドリップコーヒーを試してみてくださいね。

 

番外編:ドリップを入れるのが『めんどい』人はどうすればいいの?

ドリップコーヒー、一杯いくら5

ここからは番外編ですが、インスタントコーヒーでは満足できないけどドリップコーヒーをペーパーで入れるのはめんどくさい・・・

って方はどうしたらいいのか?

こちらの問題についてお話しできたらと思います。

結論からお話しすると、インスタントコーヒーを美味しく飲むことができる『ネスカフェ バリスタ』を使用すれば、インスタントコーヒーでも一味上のコーヒーを楽しむことができるようになります。

バリスタはコーヒーメーカーなので本体を購入するのに約7000円ほどお金がかかりますが、一杯あたり15〜20円くらいで楽しむことができます。

そのため、カフェで毎日300円のコーヒーを飲む場合を想定すると9000円かかりますから、2ヶ月もすれば本体の費用代を回収できます。

また、バリスタには本体代を0円で使用することができる裏技がありますので、どうしても本体にお金をかけたくない!

という方でもお得にコーヒーを楽しむことができますよ。

 

 

まとめ:ドリップコーヒーは一杯いくら?

ドリップコーヒー、一杯いくら6

今回は、ドリップコーヒーの一杯あたりの値段はいくら?

というお話しをしてきました。

カフェでは主にドリップコーヒーの場合が多く、家で入れてもそこそこ値段がかかってしまうのではないかと思われがちですが、ドリップコーヒーは非常にお得で一杯「15円」ほどで楽しむことができます。

コーヒーを一杯あたりいくらで楽しめるのか計算式を覚えておくことで、毎月のコーヒー代を削減することもできます。

 

ドリップコーヒーを家で入れる場合に必要な項目

1、コーヒー豆の値段
2、コーヒー豆が入っているグラム数
3、コーヒーを入れる際のグラム数

実際の計算式はこちら

(1、コーヒー豆の値段)÷(2、コーヒー豆が入っているグラム数)=(コーヒー豆1グラムあたりの単価)
(コーヒー豆1グラムあたりの単価)×(3、コーヒーを入れる際のグラム数)=一杯単価

 

この計算式を使えば、ドリップコーヒーだけでなく、「インスタント」「エスプレッソ」「カプセル」すべてのコーヒーで一杯単価を計算することができますよ。

ドリップコーヒーが一杯いくらなのかを知って、毎月お得に美味しいコーヒーを楽しんでくださいね。

 

それでは、ありがとうございました。